院長ブログ

ブログ

初めての方  2  施術中も確認します

コラム
2017年09月16日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

最近は生活習慣改善のために食事制限中、空腹感が半端ないッス(T_T)

間食厳禁、そんな時は水を飲んで我慢。水も一日2リットルを推奨されているので一石二鳥

 

初めての方

私も勉強と身体のケアを兼ねて治療院に行きますが黙々と施術される先生が多いですね。

簡単に症状を聞いて施術の説明もなしにいきなり「こちらにうつ伏せになってください」

覚悟しているとはいえいきなり知らない人に身体を触られるのは緊張しますよね。

どんなことをするのだろうか?何をされるだろう?

 

 

 

 

初診なのでコミュニケーションが取りにくいのか、ただ聞かないだけなのか

自分が話さないオーラを出しているのか(T_T)

まるっきり話さないわけではないのですが確認が少ない先生は多いですね。

 

当院では筋肉疲労(緊張、収縮)と身体の歪みが原因で症状になると考えて

それをトリガーポイント療法(筋肉リリース)と骨格調整で原因を取り除き症状を改善します。

と施術前に説明させていただきます。

 

施術スタート

トリガーポイント(症状の原因となる凝り)を探します、症状である程度の場所は

推測できますがドンピシャとなると患者さんに確認しないとわかりません。

 

確認します

押圧して気になる痛みか気にならないか 凝りの痛みかただ痛いだけなのか

反応があるかないか 患部から響く、広がる、伝わる等の反応

押圧の強弱 患部に当たっても強すぎると辛いし弱すぎると効かない

 

適切な位置に適切な圧力で適切な時間をかけることでトリガーポイントはリリースされます。

私も他の治療院に行って体験しました。「もう少し右なのにな」

「もう少し強く押して欲しい」「もう少しで効きそうなのに終わっちゃった」

 

整体も初めてで初対面の先生にそんなは言えませんよね、

なるべく心の声を逃さないにようにこちらから聞かせていただきます。

私「これは気になりますか?」

患者さん「はい」

私「響いたり、広がったり、奥に届くような反応はありますか?」

患者さん「(・・?… それ骨じゃないんですか?」

 

私「骨はこんな感じです」 近くの骨を押圧

患者さん「確かに違いますね」

私「凝りが強いと骨っぽく感じますので少し弱めて押圧します」

患者さん「ああぁ なんかきました響く感じ(@_@)」

 

 

私「これで当たってので後は力加減ですが、強すぎ弱すぎたりしませんか?」

患者さん「少し強いかも」  押圧を少し弱めて

私「これくらいですか? 反応してイタ気持ち良い範囲がベストです」

患者さん「ううぅ ちょうどいいです」

 

 

そのまま押圧し続けていると腰部だとお尻や足に、肩だと首や背中に響きます

初めての方はびっくりしたり不思議に思いますね、その方に合った適切な圧力だと

段々と慣れてイタ気持ちイイ感覚になります、このように確認しながら

トリガーポイントにアプローチしリリースいたします。

 

骨格調整もトリガーポイントほどの反応はありませんが、響く感じが出ることもあります。

歪みが正しい方向に戻れば気持ちいい感覚に、痛みや違和感がある場合は

まだその関節が硬いか調整方向が違う場合があります。

トリガーポイントリリース同様に確認しながら調整します。

 

少しでも当院の施術イメージが伝われば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

初めての方 1  お話を聞かせていただきます

コラム
2017年09月10日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

今日は九月らしい晴天に恵まれましたね。

 

初めての方

整形外科、接骨院などで治療を受けて変化が

なかった改善されないから整体でも受けてみようかなと

考えているのではないでしょうか。ただ整体院に

行ったことが無い方は色々と不安だと思います。

 

この辛い症状は良くなるの?

整体ってなんかバキバキしたり押されて痛そう?

整体はどんなことをするのか分からない

 

 

 

と心配されて色々検索されていると思います。

このHPを読んで当院の不安と疑問が晴れれば幸いです。

 

 

当院のこだわり   お話を聞かせていただきます。

まずは症状の悩み、日常生活での悩み、

症状が原因でできないこと仕事、育児、家事、趣味など

があると思いますそれをしっかりと聞かせていただきます。

私が坐骨神経痛で悩んでいた頃、整形外科、

接骨院、カイロプラクティックと

色々と試しましたが、話をしっかり

聞いてくれる所はありませんでした。

 

 

整形外科では

先生「どうしました?」

私「左のお尻と足に痛みとシビレがあります。」

先生「ではレントゲンを撮りましょう」

先生「骨の間隔が狭いのが原因ですね、では看護師の指示に従ってください」

 

 

治療

温熱療法、電気療法、けん引療法と流れ作業のように受けて効いているのかいないのかも分からない

カイロプラクティック、整骨院でも大して話も聞かずに「はい うつ伏せになってください」

 

不信感

自分は地獄にいるくらい痛みで辛いのに分かって欲しい、

症状で仕事が辛いという悩みを聞いて欲しい聞かずにわかるの?

自分の症状をどれだけ理解しているの?

話を聞いてくれない「この先生は大丈夫?」と不信感を抱きます。

 

そうなるとこちらも先生の話もあまり聞かなくなるんですね

不信感を抱いたまま施術を受けても信頼関係ができてなんから良くなるものも良くなりません。

 

 

立てない、歩けない、仕事が出来ないほどの辛い症状だと早く何とかしなければなりません。

そこまで酷くなくても痛みに耐えながら歯を食いしばって頑張っている人も少なくありません。

人によって悩みも痛みも様々です、それは聞くことによって理解できるのです。

 

軽症、中症、重症により施術プランも変わりますし、話の中にも施術のヒントがたくさんあるのです。

そのためにもお話を聞かせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギックリ腰  3  熱くなる

ギックリ腰 , ギックリ腰の症例
2017年09月7日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

ドラマの「コードブルー」で俳優さんが着ているユニフォームがカッコイイ買おうかなぁ

 

ギックリ腰

20代 男性 Sさん 電気工事士

3回目 5日後の来院

私「今週はいかがでしたか?」

 

Sさん「日に日に良くなって夜寝る時に痛みが少し、深い痛みは楽になり表面の痛みが残ります」

私「酷い時がレベル100だと今はどれ位ですか? 」

Sさん「今はレベル20 (^^♪」

私「だいぶ落ち着きましたね」

 

確認動作

前屈30度でまだ少し痛みがでます、指先がギリギリ着かないくらいまでは前屈でます

 

施術

始めに腰を流れで押圧すると

Sさん「ああぁ それっ(>_<)」いつもは反応のない所が今日は反応します、腰の上部の腰方形筋

今度はピンポイントでトリガーポイントにアプローチ、

 

私「このコリコリでヒットします?どこかに響きますか?」

Sさん「ううぅジャストミートぉ 骨盤の気になる所にきますぅぅ」

私「トリガーポイントに当たったので後は力加減、強すぎ弱すぎありますか?」

 

Sさん「少し弱めるとどうなりますか?」

私「これくらい」

Sさん「やっぱりさっきの強さでお願いします」

 

私「ギリギリだけど嫌な痛みじゃないので平気な感じですか?」

Sさん「効いてる痛みなので平気です」

トリガーポイントに当たるとこういう感じになります、

痛いけどもっと押して欲しい、痛いけど後が楽になる気がする

効いてる

 

こんな感じで左右の腰と臀部をリリースしているとSさんの首筋に汗が流れています 室温25度

私「室内暑いですか?」

Sさん「腰が熱くなってきて汗が出てきました」

筋肉がほぐれて血流が改善されると体が温かくなったり、スゥーと何かが流れる感じがでます。

今日は今までにない反応がでます、前回は施術中の寝返りでまだ痛みがありましたが

今回はそれもなくすんなりとできましたので、腰椎、脊柱を「コキン♪」と調整

 

前屈で確認動作 曲げる途中の痛みも消えて手の平も着床。

Sさん「ああぁ きましたきましたいつもの体に戻りました」

これで今回のギックリ腰の施術は終了しました。

 

当院の場合、症状にもよりますがギックリ腰だと大体が3回位で改善されます。

ギックリ腰の場合はこの元気な状態を保つのが大切です、Sさんのように年に何回か

ギックリ腰を繰り返す方は月に一度のメンテナンスをお勧めします。

Sさんはいつもバスケットボールで痛みてしまうのですが、

それはきっかけであり原因は筋肉疲労や歪みであるのです。

自覚のない凝りがいつの間にか蓄積されてドカンと出てギックリ腰になります。

 

Sさん「こんなにお尻が凝っているとは押されるまでわからなかった」と言われてましたが

この自覚のない凝りをケアすることがギックリ腰の予防になります。

 

 

 

 

 

 

 

次ページへ »