院長ブログ

ブログ

頭が支えられない肩凝り 3 原因とは

肩凝り
2019年12月9日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

先日来た患者さんがスマホを洗濯物と一緒にして洗ってしまったのこと 

ゴトゴトという異物音でスマホが入っていることに気づいたもののアウト(>_<) 

 

最新式だと10万ほど(@_@)ガラケーのようには扱えません

 

頭が支えられない肩凝り 3 原因とは

40代 主婦 Tさん 

施術後の経過 Tさん「重い感じもなく落ち着いてきました!(^^)!」

肩凝りの辛いのがなくなりました。

 

Tさん「今日は肩甲骨周りの凝りが気になります、昨日は腰が痛かった」

他の箇所が気になるようになりました。これは患部の痛みが治まっている証拠です。

腰痛は慢性的で10年前からあるので慣れている様子 

 

施術4~5回目 

肩のアプローチは今までのように上腕や肩甲骨周りに響く反応はでますが、

Tさん「始めはやや痛いけど慣れるとイタ気持ちいいです」

慣れのが早くなりました。強い痛みもとれたので胸椎の調整もして姿勢も改善。

 

Tさん「ここで押されると痛いけど日常生活はもう気になりません」

前回はスッキリしないのがありまだ怖さが残りましたが、

Tさん「今はそれももうありません!(^^)!」

 

Tさん「頭が支えられないほどで座っているのも辛く、薬も効かず一時はどうなるかと思いましたが良くなって助かりましたありがとうございます」

施術集中期間はこれで終了 普段の症状は落ち着いてますが、

押されると痛い潜在痛が残っているので後は月1回のメンテナンスとか

少しでも気になったら早めの来てくださいと促しました。 

 

頭が支えられないほどの肩凝りの原因とは 

健康な人だと頭の重さなど感じないのですが、支える筋肉が酷く凝ってしまうと

「頭が支えられない肩凝り」となってしまいます。

Tさんの場合は斜角筋、僧帽筋、脊柱起立筋群などにトリガーポイント反応が

発生したのでここが原因ですね、右肩上がりの体の歪みも右の上部僧帽筋が

硬直して引っ張っていました。事実リリースし胸椎の調整すると

症状と姿勢も改善されました

 

Tさんは肩凝りの自覚はなく何故急に発生したのか驚いていましたが、

寝違えは以前からありすぐに治っていたので気にならないレベルでした。

しかしこれが肩凝りの予兆で、今回は積もり積もってドカンと「頭が支えられない」 

「普通に生活できない状態」の急性の酷い症状になってしまいました。 

初回の施術前にTさんの考えてる原因とは聞くと

Tさん「運動不足だと思います」と答えていました。

定期的に運動やストレッチをしていると予兆の段階で肩凝りの違和感に

 

気づくことがでます。いつもと違う、硬い、痛い、重い、引っかかるなど 

運動やストレッチは筋力強化や柔軟性の維持だけでなく症状を事前に

察知することもできます。そういう意味でも大事ですね。

 

頭が支えられない肩凝り 2 腕が上がらない

肩凝り
2019年12月6日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

ジムでランニングマシンで走るのですが、やり始めた頃は

時速6kmでいっぱいいっぱいでしたが、今では9kmまでスピードアップ 

体の変化を感じます!(^^)! まだまだやれる子です。

 

頭が支えられない肩凝り 2 40代 女性 Tさん 主婦 

前回の術後の経過 5日後の来院

Tさん「前回の後 夕方まで全体的に押されて重い感じ 次の日が痛みでなく感覚的に変化、酷いのがなく家事も苦にならない、起きてられないのが平気になった 痛みが落ち着きましたが、不快感で上から重い物が乗っている感じは残っている」

 

1回目の施術で症状がだいぶ変化してきました。

Tさん「今日は左が気になります」

 

施術2回目

前回の右側が効いているので同様に左側も斜角筋からアプローチ 

加減を調整し押圧していると何やら小刻みに揺れています

Tさん「あああぁ背中に響いてなんかピクピクしてます」

響くのと小刻みにけいれんするトリガーポイント反応がでました。

Tさん「嫌な感じはなく効いていてイタ気持ち感じ!(^^)!」

の辺一帯が固まっているので少しずつ移動して

 

前斜角筋の押圧 

Tさん「二の腕にきますぅぅ ちょっと辛い(>_<)」

腕に嫌な感じの反応 弱めの押圧で慣らします

Tさん「慣れてきました」

 

今度は頭方向に移動 

Tさん「肩にきます」肩峰の辺り 

右側もほぼ同じ反応で終了 

 

施術3回目 4日後の来院

前回の施術後の経過

Tさん「肩は2日間は重い感じはなく怠さですが、右腕が上がりません(>_<)」

痛くはないのですが、肩の高さまでで腕が止まって服の脱ぐ着るに支障がでます。

肩凝りの酷い患者さんの場合たまにあるのですが、凝りのバランスが崩れる

(リリースされている所との差)だと考えています。

Tさん「頭が支えられないはないし夜になっても平気で通常の肩凝りのレベルですが怖さが残ります」

 

酷い時がレベル100だと今はどれくらいでしょうか?

Tさん「20~30位ですがスッキリはしてない」

かなりの改善ですがあまりに酷い症状でトラウマ的に 

 

施術

首の付け根の斜角筋はいつも通りの反応もだいぶ慣れてきました

右側の肩甲骨周りを僧帽筋のアプローチ 

この辺は症状を訴えいなかったので今回が初めての押圧 

Tさん「うううぅー痛いですぅ(>_<)」

 

力加減を調整し慣らすと 

Tさん「肩にきますうぅ」

トリガーポイント反応がでます。左側は痛みも弱くトリガーポイント反応もなし 

再び右側を押圧しリリースすると右腕も頭の上まで上がるようになりました。

Tさん「引っかかる感じもなく普通に上がります!(^^)!」

肩周りは取れ始めたのですが、肩甲骨周りの凝りが残って

腕の動きを抑制して上がらなくなったのです。 

 

今回はこれで終了 次回 肩周り 3 に続きます

 

頭が支えられない肩凝り 1 急に肩凝りが

肩凝り
2019年12月2日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

12月になると1年が早く感じますね 師走→先生も走るほど 

患者さんで学校の先生がいますが、皆様一年中忙しいそう(^-^;

 

頭が支えられない肩凝り 1 急に肩凝りが

40代 主婦 Tさん 

 

症状 

3日前から急に両方の首から肩にかけて重痛くなり、首が曲げられない、

頭が支えられない、何もしたくない、服の脱ぐ着るのも痛い

洗髪後のドライヤーも辛い、家事も進まず日常生活ができなくなってきた 

寝れば一度リセットされますが、朝→昼→夜と時間ごとに酷くなる 

朝の支度後は一度横になって休まないと辛い 肩凝りの自覚はなく

今まで寝違えは何度かあるけどすぐ治ってました 

 

整形外科ではレントゲン検査でストレートネックと診断 湿布だけの対応 

これで治らなかったので当院にお見えなりました。 

 

姿勢分析 

左肩下がり右肩上がり 左腰下がり右腰上がり 左重心 

首から背中のラインはストレート系 姿勢画像を見て

Tさん「自分ではわからないけど歪んでいるのですね」

右肩上がりなので右の上部僧帽筋の緊張が予想されます 

 

施術 

Tさんはどこが痛いのかわからない状態 座位で右肩からアプローチ

Tさん「痛いですぅ(>_<)」

ファーストタッチなので腫れ物を押圧される感じ 

 

左肩は右よりも平気そうなので右肩上の横向きでこの手の症状となる 

斜角筋をアプローチ 腫れ物感が強いので始めは弱めに押圧するも

Tさん「痛い痛い」

それだけ過敏な状態 例えればお神輿を担いだ後の肩を

押圧されるような痛みでしょうか?

力加減を調整し押圧して慣らしますがずっと

 

Tさん「ああぁ痛いですぅ」

なかなか慣れないが辛くない範囲でしばしそのまま続けますが

Tさん「まだ痛いです」

それでも押圧し続けると

 

Tさん「あああぁ背中にきました」

トリガーポイント反応がでたので嫌な感じですか?と聞くと

Tさん「イタ気持ちいい」じわーっと肩甲骨周りに響く反応

押圧している斜角筋も慣れてきました、その周辺の凝りもリリースし首に移動 

Tさん「ここも痛いですぅぅ」

ここも時間をかけて押圧し慣らしましたがトリガーポイント反応は無し 

 

逆向きに体勢チェンジし左の斜角筋をアプローチ

Tさん「やっぱり痛いです」

こっちはすぐに肩甲骨周りに響くトリガーポイント反応はでるし 

 

Tさん「慣れてきました」

右寄りも早く慣れます

Tさん「どっちが酷いか分からなかったけど右肩が悪いのですね」

 

左側は右側の3分の1ほどの時間で慣れたので当然そう感じます 

背骨の調整をし施術終了 

Tさん「なんかぐったりきました」

お疲れ様です 

 

今回はこれで終了 次回 肩凝り 2 に続きます

次ページへ »