院長ブログ

ブログ

坐骨神経痛 1 どこに行っても良くならない

坐骨神経痛
2020年07月5日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

梅雨の終盤で大雨警報発令はだされるし、ずっと雨模様 

早く梅雨明けして欲しいですね。 

 

坐骨神経痛 1 どこに行っても良くならない

20代 男性 学生 Uさん 

症状

7ヶ月前から左側のお尻~もも裏にかけて痛みと痺れが急に発生 

朝の痛みが強くてやや落ち着くものの1日中痛みがある、日常生活は

我慢できる範囲、靴下やズボンを履く、下の物をとる動作で痛みがある 

 

カイロプラクティックに週1回で半年通院するも改善せずに

他の整体院、整形外科に行ってもダメで原因も分からないままです。

ホームページで検索し当院にお見えになりました。

姿勢検査と確認動作 

左側の肩と腰下がり 右側の肩と腰上がり 

立位の前屈 床から-10cmほどで左側のひざが曲がります 

 

施術 

気になる患部を示して頂き大殿筋のアプローチ 

ピンポイントで示してたのでそのまま押圧 

Uさん「ううっ痛い(>_<)」

 

痛い所に当たったので加減し慣らすと

Uさん「あああぁそれっいつものお尻の痛みです」

症状が再現されるトリガーポイント反応が出たので患部に当たったと

判断しそのまま押圧して慣らしていきます。

しばし耐える時間が続き…(>_<) 次第に痛みも和らぎ落ち着きました。

やや外側にずらして中殿筋のアプローチ 

Uさん「それも当たり(>_<)痛いですぅぅ」

これも我慢できる範囲に調整し押圧していると 

 

Uさん「もも裏がもわーんと痛いです」

こちらももも裏に響く関連痛のトリガーポイント反応です 

辛い症状が再現する痛みなのでこのままじっくりと解します。 

 

関連痛が出たハムストリングスのアプローチ 

Uさん「ううっ痛い(>_<)」

ここは局所的な痛みで放散することはありませんが、

効いている感じです 

 

今回はこれで終了次回 坐骨神経痛 2 に続きます。

整体のミスマッチ

コラム
2020年07月3日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

三浦市では定額給付金が6月中に送金済み 横須賀市も

7月から始まりました。このスピード差は人口の差? 

調べてみると横須賀市約400、000人 三浦市約43、000人 

意外と差があるのですね

 

整体のミスマッチ 

患者さんが求めているものと施術側の提供するものが違う場合です。

このような場合がミスマッチでお互いに辛い結果になってしまいます。

例えばは患者さんが気持ち良く癒してくれればそれでいいという

考え方で来院された場合です。

 

当院では何年も患っている、病院でも良くならないような

辛い症状の改善を目指す施術で「癒して気持ちいい」とは違い

トリガーポイント療法でそのために刺激、痛みを伴います。

 

気持ち良く癒して欲しい方に症状を改善する刺激療法をやれば辛いだけです。

当院では症状改善を目的としリラクゼーションの施術は行っておりません。

このようなミスマッチが起きないようにホームページに

そういう施術方針と書いてありますので読んでいただければ幸いです。

また少しでも疑問、分からない事がないように情報を載せているつもりです

ホームページは情報量が多く全てを理解するのは大変ですが、

分が求めているものと提供するものを確認していただければと思います。

 

他のミスマッチ

1回で治して欲しい通うつもりはない 

痛いけど長く通うのは嫌 

体よりもお金の方が大事、お金をかけたくない 

忙しくて時間が空いている時しか行けない 

痛いのは嫌だ、痛くない施術をして欲しい 

 

1回で治して欲しい 痛いけど長く通うのは嫌

動いた時に少し腰痛がある、時々肩凝りという軽症レベルなら

1回で改善ということもありますが、足を引きずるような腰痛や

 

眠れないほどの肩凝りという重症レベルではそれなりに回数がかかります

症状のレベルによりますが基本的には1回では改善しないと考えてください。

 

当院の改善の目安

重症 10回以上

就寝中に目が覚める。生活、仕事に影響がある 

中症 6~8回 

症状は辛いが生活、仕事は我慢できる 

軽症 3~5回 

酷い、辛さはない 時々痛いが気になる 

 

あくまでも目安ですが参考にしていただければと思います。 

 

体よりもお金が大事、忙しくて時間が空いて時しか行けない 

これも症状の程度によりますが就寝中に毎日、痛くて目が覚める

まともに歩けないなどの重症の方は仕事にも影響するので

そんなことは言っていられないと思いますが、中症レベル以下だと

体よりも都合を優先する方もいます。

 

施術はひとつひとつの積み重ねです、症状が酷いほど戻りやすい

傾向にある為、施術間隔が近い方が施術効果が維持できます。

例えば1回目の施術効果が劇的に良くても次に14日間も空けてしまえば

 

すっかり元の症状に戻ってしまいます。時間やお金の都合だけで

施術してもその場限りになってしまいます。

しっかりと改善したいと考えているなら定期的な通院が効果的です。

当院の基本的な通院間隔は4~7日間以内の施術を提案しています 

 

痛いのは嫌だ 痛くない施術をして欲しい 

当院はトリガーポイント反応をなくなるまで施術する刺激療法です。

基本的には痛みを伴いますが、痛みといっても様々で

トリガーポイント反応はただ痛いのとは違い、効いている痛み、

 

ツボに当たる痛み、これが取れれば楽になるといった感覚です。

これなら我慢できると思えば当院へお越しください、

それでも嫌という方は無痛施術を掲げる治療院をお探しください。

当院のトリガーポイント療法

コラム
2020年06月30日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

横須賀市の体育館などは再開しましたが、プールやジムは

再開未定とのことです。やはりコロナの感染リスクが高いのでしょうか? 

 

当院のトリガーポイント療法 

トリガーポイントとは痛みの引き金となる場所で原因の凝りのことです。

坐骨神経痛で臀部、もも、ふくらはぎ、すね、足首に痛みと

痺れがある症状の場合。中、小殿筋を押圧しトリガーポイントに

当たると押している所も痛いのですが、触ってもいないもも裏が

突っ張る、攣りそう、重怠い、痛くなる、痺れるという

関連痛、放散痛が出ます。これがトリガーポイント反応です。 

 

頭痛でお悩みの場合は、頭と首の境目にある後頚筋、

首の横にある胸鎖乳突筋などは頭痛の原因となることが多いですね。

後傾筋のトリガーポイントは後頭部、前頭部、目の奥に響く深層的な反応 

 

胸鎖乳突筋はこめかみ、眉、眉間、眼孔などの表層的な反応 

痛くなる、熱くなる、ボワーンとなる、引っ張られるなどの関連痛が出ます。 

 

患者さんが訴えいる症状が再現されるトリガーポイント反応ならば

ドンピシャとなります。また、反応は違えども患部に響く、伝わるなどの

場合もあり核心に届くような感じですね。

 

症状が弱ければ大したことはないのですが、この反応は症状が辛い方ほど

トリガーポイント反応も辛い傾向にあります。

当院はトリガーポイントを見つけてこの反応をなくすまで

解していく刺激療法です。その為、施術後の揉み返しや筋肉痛の

ような好転反応も伴いやすいのです。

その好転反応が出た後に症状に変化が出る、または楽になる

というパターンが多いのです。施術後すぐというよりは時間差で

効果が出る感じですね。

 

今の症状が辛いので何とかして欲しい、施術が辛くとも後が楽な方が良い

という方は是非とも当院をご利用ください。

 

刺激療法や揉み返しが嫌という方は無痛療法を掲げる施術方針の

治療院をお勧めいたします。

 

今は施術方法も色々あります、ホームページで施術院の情報も豊富なはずです 

情報が少ない、はっきりしない、施術方法がよくわからない、

人物像が浮かばないという怪しい?所もありますが、

 

しっかりとしたホームページを選び院長の施術方法、考え方などを

確認しご自身のイメージやフィーリングに合う治療院をお探しください。

次ページへ »