院長ブログ

ブログ

足底筋膜炎 4 原因とは

かかとの痛み
2021年05月8日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

ゴールデンウイークが始まる前の定休日に菖蒲園に藤を見に行きました、

満開の少し手前で見頃。

日本の花の代表的なひとつ、桜の華やかさに比べて藤は雅な感じですね。

視点が合わないような不思議な形とほのかな香りが好きです。

 

 

足底筋膜炎 4 原因とは 

60代 女性 会社員 Kさん 

施術後の経過 

Kさん「仕事中に休むことはないけど終わった後は左の踵と内くるぶしが痛い」

休むほどの強い痛みは軽減してきました 

Kさん「左内くるぶしは孫を抱っこすると痛いけど酷い時に比べて半分程度の痛みです」

もう少しですね 

 

 

施術10~11回目 

内くるぶしが痛いのでふくらはぎの内側からアプローチ 

Kさん「くるぶしにきます(>_<)」

痛いけど逃げるほどではありません。そのままくるぶしに近づくと

 

Kさん「骨の奥に響くぅぅ」

いつもの嫌な痛みですが

Kさん「効いています、施術中は辛いけど後が楽になるので我慢できます

施術中の強い痛みが慣れて凝りが解れてきました。

 

 

施術後の経過

Kさん「踵の痛み仕事中は平気で朝と仕事後に少し痛い程度(^^♪」

酷い時の症状が100だと20まで軽減 

Kさん「足の裏の痛みが治まって本当に良かった(*’▽’)後5年は働けるので坐骨神経痛と足底筋膜炎をケアしながら頑張ります

1日に10~15kmは歩くので足のメンテナンスは大切ですね。

集中施術期間はこれで終了、メンテナンス期間に移行します。 

 

 

Kさんの足底筋膜炎の原因とは

直接な原因は足底筋膜の機能低下で足のアーチ構造が崩れたものです。

足のアーチ構造はスプリングの役割を果たして車の板ばねのように衝撃を

吸収します。吸収できない車に乗ると衝撃がダイレクトになりとても

不快な乗り心地です。この状態で何百kmも走行したら耐えられずに

降りたくなります。

 

この様に歩行動作での地面からの衝撃を吸収できない状態が続き、

足底筋が耐え切れずに症状となったのが足底筋膜炎ですね。ここからは私見ですが

スプリングの役割するのが筋力や筋の柔軟性で足底筋膜炎の場合は足底筋膜は

 

 

もちろんですが、ふくらはぎの筋肉が大いに影響を及ぼしそれが緊張し過ぎて

筋力を失うこと、それと伸びなくなり柔軟性が失われたことで足底の

スプリング機能が低下してしまうのです。

 

 

歩行動作では足のアーチ構造だけが衝撃吸収しているわけではありません。

足首の関節、ひざ関節、股関節などで連動連鎖によってクッションの役割を

果たし衝撃を分散ています。各関節がしっかりと機能していれば問題ありませんが

 

どこかに不具合があると他の関節がカバーしてくれますが、そのままの状態が

続くとまた他の箇所が不具合となり負のスパイラルに陥ります。

Kさんも足首の固まる感じや痛みを訴えていました。

また、関節は筋肉の影響を受けやすく筋肉の緊張(疲労)や筋肉の機能低下に

 

 

よって関節機能も低下してしまいます。どちらもふくら、もも、お尻に凝りが

疲労蓄積⇒慢性化(トリガーポイントの発生)⇒関節機能の低下⇒症状(足底筋膜炎)

という流れです。ふくらはぎ、もも、お尻のトリガーポイントが一番の原因と

考えてそれを解すことで症状が治まりました。

 

Kさんは街中を歩くことが多い仕事で担当が変わる前には15~20km

歩くことが日常的でした、しかも硬いアスファルト、コンクリートの上を

歩く為に足への負担は相当なものです。これからもケアしながら元気に

お仕事を続けてください。

 

 

足底筋膜炎 3 右から左に変化

かかとの痛み
2021年05月3日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

先日1年振りに愛艇のセーリングカヤックで出撃、 釣りはサッパリでしたが

気温、天気も良く青い空と藍色の海は最高に気持ちイイ(^^♪  

 

 

足底筋膜炎 3 右から左に変化

60代 女性 会社員 Kさん

施術後の経過 

Kさん「朝の寝起きで左の踵の痛み一歩がきつい、痛いのと力が入らない

元々両方に足底筋膜炎があって今までは右の症状が強くて集中的に施術

 

 

右の踵が落ち着いてくると左の踵の痛みが辛くなってきました。

Kさん「一瞬どこに重心をかけていいのかわからないがトイレから戻れば平気」

なかなか両方にでるのは私の経験では珍しいことです。 

 

施術5~7回目 

痛い所を指示してもらうと左の踵はほぼ真裏が患部。少し押圧するだけで

Kさん「ああああ!痛い痛い(@_@)」と悶絶し逃げるような動作

患部の周りも探すと土踏まずとその逆の小指側も強い痛いがあります。

 

 

Kさん「痛い痛い( ;∀;)筋が切れそう」

普段からハリは感じていましたが、押されて初めて分かる痛みです。  

 

Kさん「ふくらはぎの外側が気になる」

というのでふくらはぎからアプローチ 

Kさん「ああああ!痛い痛い痛い(@_@)」

 

 

こちらも優しく押圧するも踵とほぼ同じ反応で悶絶 外側だけでなく全体に

強い痛みです、足裏にトリガーポイント反応がでるのかと思いきや

Kさん「裏ももに響くぅぅ」

 

 

反応のでたハムストリングスを押圧すると

Kさん「ああぁお尻にきます」

ここも強い痛みがあり右側同様にももからお尻までの反応

 

 

Kさん「疲れるとお尻ともも裏は違和感やハリがある」

左側は元々坐骨神経痛があるのでそれも影響しているようです。お尻の押圧も

Kさん「痛い痛い( ;∀;)」

ここも強い痛み、ももとお尻は普段はそれほど気になりませんが

押圧するそこそこの痛みがあります。 

 

再びふくらはぎの押圧すると

Kさん「踵のピリピリ一本走る痛みがでるぅぅ」

患部へのトリガーポイント反応 足首を動きますか?

Kさん「動きません(-_-;)」 

ふくらはぎの凝りが足首の動きを抑制し歩行動作に影響しているようです。

 

施術後の経過

Kさん「3日間は楽でした、足の力が入らない、引きずるのは減りました」

仕事中の症状に変化がでました

Kさん「朝の激痛も軽減、動き出すと落ち着いて仕事後にまた痛みがでて踵の痛みからくるぶしの痛みに変わってきた」

痛みの箇所も変化

 

 

施術8~9回目 

Kさん「左の踵の痛みが落ち着いてまた右の踵と腰が重怠いが気になる」

右⇒左⇒右と変化したのと腰が気になります。症状が増えているようですが

他の箇所が気になるということは一番辛い所が落ち着いてきたということです。

 

Kさん「朝、暫く座っていると立ち上がりで足首が固まるけどくるぶしと踵の痛みは酷くないし仕事にも支障がなくなった」

酷い症状は落ち着いてきました。

Kさん「休みの日は痛くない」

歩かなければ症状は落ち着いています。 

 

今回はこれで終了 次回は足底筋膜炎 4 原因とは に続きます。

 

足底筋膜炎 2 足を引きずらなくなった

かかとの痛み
2021年04月22日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

コロナの影響でジムを止めて昨年の3月から途切れた運動習慣を2ヶ月前から再開 

9ヶ月前に中性脂肪の数値が引っかかっていたのでそのために週5~6回

ジョギング、ウエイトトレーニング、エクササイズで目標の5kg減量を達成。

明日の血液検査に挑みます。 

 

 

足底筋膜炎 2 足を引きずらなくなった

60代 女性 会社員 Kさん 

施術後の経過

Kさん「右踵の下からくるぶしの内外側に変化してきた、朝の固まっている感、歩くと重いのは残ります。左側も気になる(-_-;)」

症状に微妙な変化がでてきました。

Kさん「毎日靴を脱いで休み休み、途中でマッサージしながら仕事してます」

かなり辛い様子、仕事とはいえ大変です。

 

施術2~4回目 

右の踵の患部の押圧

Kさん「痛い痛い( ;∀;)」

ファーストタッチは弱めの押圧でも相変わらずの激痛 

 

ふくらはぎからアプローチ 前回同様に足裏全体に響きます。 一部の箇所が

踵にくるトリガーポイン反応がでるので激痛の患部を同時に押圧すると

Kさん「踵が痛くない(?_?)」 

 

痛みが中和するポイントに当たりました。大事なポイントなのでしっかりと

リリース その後に踵を押圧すると始めの激痛は軽減し耐える範囲なりました。

 

 

Kさん「土踏まずも気になる、休まない歩けない位痛くなるので靴底に綿を入れると楽になる」

足底筋とは土踏まず周辺の筋肉なのでここが痛くなっても不思議ではありません。

足底筋の押圧 

Kさん「痛いぃぃ指先にきますぅぅ」

ここはまだ耐える範囲の痛みです。

 

 

Kさん「この間コードを踏んだら激痛でビックリ(@_@)」

試しにペンを座った状態で踏んでも平気ですが、その状態で関連する

ふくらはぎの筋肉を押圧すると

Kさん「ふくらはぎがより痛くなる」

ふくらはぎの凝りがかなり影響を及ぼしている感じですね。 

 

 

施術後の経過 

Kさん「酷い時は仕事後に足を引きずる→痛いけど引きずらなくなった

引きずるような酷いのは落ち着いてきました。

週末にKさんの用事があって施術間隔が空きましたが

Kさん「不安だったけど二週間耐えられた」

酷い時の症状が100だと70まで軽減して症状の変化が持続してきました。

 

 今回はこれで終了 次回 足底筋膜炎 3 に続きます。

次ページへ »