【症例紹介】椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛でお悩みの50代女性

腰痛・お尻の痛み・足の痺れでお悩みの方が来院し、当院の整体で改善した症例をご紹介いたします。この方は「椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛」という診断がクリニックでくだされていました。

目次

お悩み・症状

3か月前から腰痛、お尻・足のズキズキとした痛み、もも裏のジンジンしたしびれなどの坐骨神経痛が発生。

整形外科で椎間板ヘルニアの診断で薬の処方のみ。他に鍼治療に5回通院するけどどちらも効かず徐々に悪化。

  • 1時間置きに目が覚めるのが3日間ほど継続
  • 左下向きだと楽だけど右下向きは痛くなる
  • 右足に体重がかかるとまともに立てない
  • 台所仕事もままならない
  • 座ると楽になる
  • 50m歩いては休むため外出が怖い
  • 痛みをかばう足を引きずる

左斜め前の姿勢になるため、はじめはご主人の肩につかまりお見えになりました。

ホームページで「坐骨神経痛」検索したところ当院を見つけて来院されました。

当院で行った検査と見立て

姿勢分析 体が左斜め前 左肩下がり右肩上がり 姿勢の歪んでいます。

確認動作 立っているのがやっとで前屈後屈側屈 捻りの確認動作ができない状態です。

かなり酷い状態です。

施術プラン

トリガーポイントの特徴として放散痛と再現痛があります。

放散痛は押圧している場所から離れた場所に痛み・痺れ・重い・響く・温かいなどの反応がでます。

再現痛は押圧した奥・周辺・離れた場所に訴えているいつもの症状が再現される反応がでます。

それによって原因の凝りに当たってと実感できます。

症状が強いほどトリガーポイント反応も強く症状が酷くなければ反応も酷くない傾向にあります。

始めは辛い反応ですが、施術を進めると慣れてくる=解れる→症状が改善していきます。これが当院のトリガーポイント整体です。

Kさんの場合、坐骨神経痛の酷い症状、右・腰・臀部・もも・ふくらはぎのトリガーポイント(原因の凝り)を見つけて解して、痛み・痺れが落ち着いてきたら骨盤帯(腰椎、骨盤、股関節)の歪みの調整することで痛み痺れがなく歩ける・日常生活も正常な状態に戻していくとを目指しました。

施術と経過

一番辛い殿筋群からアプローチ

ベットにうつ伏せになるのも辛くて右足だけ降ろしての体勢でスタート。

Kさん「うぅーそこそこ、もも裏から踵にかけてジンジンする」。

大・中・小殿筋のトリガーポイントが強く痺れと痛みいつもの症状が再現される反応がでました。原因の凝りに当たっているようで、始めは強い痛み・痺れが伴い耐え難い反応です。我慢できる範囲に力加減を調整して解していきます。

しばらくするとKさん『温かくなる』。解れてきている反応です。

裏もものハムストリングスのアプローチ

Kさん「ゔっ ももがジンジンする痛みとしびれます」。

押圧している奥に反応がでます。

ふくらはぎのアプローチ

硬い塊に当たると、Kさん「ううっ ももに響きます」。膝に近い部分の凝りです。

Kさん。「そこは足の裏がしびれます」。アキレス腱に近い部分の凝りです。

施術経過

施術3回目までは1人ではまともに歩けないのでご主人に補助されてきましたが、4回目から介護用の杖を使い、休み休みながらも電車・徒歩の自力で来院できるようになり姿勢も徐々に回復してきました。

この頃から施術での強い反応や施術後の好転反応も和らいでいき、体の歪みも少しずつ調整できるようになりました。

施術6回からは良い状態の半分まで回復して近くイオンまで買い物もできるようになり、8回目には横須賀から都内の餃子屋さんまで食事に行けるまで回復し杖も必要なくなりました。

良い状態の70%まで回復後は、今までの集中施術期間(週1~2回)からメンテナンス期間(月2回)に移行。

日常生活ではかったるい筋肉痛程度の症状がまだ残っており、施術すると酷くないもののまだトリガーポイント反応がでます。

これをしっかりと取り除くことが再発防止には重要なのです。

症状の様子を見ながら11回からメンテナンスで14日置き→13回から21日置き→16回から30日置きの施術と徐々に間隔を空けていきました。

日によって多少の症状があるも日常生活は問題ないレベルになり、Kさんも健康に自信が持てるようになって22回で卒業しました。

今回の痛み・シビレの原因

症状が酷いほど原因の凝りとなるトリガーポイントは多くあります。

坐骨神経痛の場合だと腰、臀部、もも、ふくらはぎまで場所もバラバラ。

施術することでいつもの嫌な症状が明確に再現され、Kさんと一緒に原因を特定し解していくことで私の想定よりも早く10回で辛い痛みがなくなりました

まとめ

Kさんはまともに立てない・眠れない・歩けない酷い坐骨神経痛の症状で薬・病院でのリハビリが効果なし。

鍼治療は合わず何をしていいのかわからない状況が3か月続き絶望的な気持ちになっていました。

私も坐骨神経痛を体験しましたが、原因や解決策が分からないと「もう治らないのでは」と不安になります。

しかし当院の施術で原因が特定でき解決策とマッチしたことで回復されました。

ここからが非常に大切で、「痛みがないからゴール」と思いがちですが回復したから終了ではなくここはまだ回復途中なのです。

1ヶ月は痛くないけど2ヶ月後に痛くなったのではまだゴールとはいえません。

Kさんは「もう二度と同じ思いをしたくない」気持ちでピタッと施術を止めずにメンテナンスでケアしたことで1年間いい体の状態を維持できて卒業いたしました。

当院ではこれこそがゴールだと考えています。

あわせて読みたい
坐骨神経痛 【こんなお悩みありませんか?】 腰に激痛があり夜眠れない 腰だけでなくお尻や足に痛みがでる お尻から足にかけてしシビレがある お尻が痛いので長時間座れない 体をか...
  • URLをコピーしました!
目次