院長ブログ

ブログ

足底筋膜炎 2 耐える

かかとの痛み
2021年03月23日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

緊急事態宣言が解除されましたね。ちょっとだけ開放感(*’▽’)

気候も温かくなってきたし、平日だとガラガラだしデイキャンプに行きたーい 

 

足底筋膜炎 2 耐える

40代 女性 介護士 Kさん 

施術後の経過 

Kさん「3日間は楽になるがその後は足を引きずり歩くのが遅くなる(-_-;)」

仕事の終わりが近づくと踵が痛くなります。

Kさん「立ち上がりの激痛は毎朝続いています(>_<)」

ガラスの刺さる痛みは落ち着きません。

 

 

凝りが酷くまだ回復力が疲労を上回れない状態です。

施術後は踵の痛みは消えるものの一時的でまだまだ小さな変化に過ぎません。 

施術の効果はまだ2~3日と短期的ですが、変化があり効いてはいるので

引き続き頑固な凝りを解していきます。

 

施術3~6回目 

患部の踵は相変わらずの激痛、さするような少しの押圧でも

Kさん「痛い痛い痛い(>_<)」

腫れ物を尖った鉛筆で刺すような痛みです。

 

 

踵の痛みが強すぎるのでふくらはぎの押圧 

Kさん「うううっ痛いぃ足が痺れますぅぅ」

押圧している所は痛いし足底にも痺れが伴うトリガーポイント反応 

 

 

Kさん「前回の施術後あざできているかと思い確認するも何ともなかった」

それほど痛いのですが「再現される痛み=原因の凝り」という考え方

症状が酷いと凝りも酷いということですね。

辛い痛みですけど施術が効いてはいるのです。

 

前回同様にふくらはぎと踵の押圧ほを同時にすると中和されます。

臀部もまだまだ痛くて慣れません。

 

 

施術後の経過 

Kさん「施術の後は2~3日は楽になる」

その後は仕事中も辛い痛み

Kさん「夜勤で終わりが近づくとピリチリと足が重く踵の痛みは酷くなる( ;∀;)」

 

 

小さな変化が出て症状が少しずつい改善に向かっていくものの夜勤で振り出しに

戻る感じでしょうか?それだけ夜勤業務はハードということです。

Kさん「ガラスの痛みは毎朝変わらずありトイレが辛い」

まだまだ辛い症状 耐える状態です。

 

施術7~9回目 

踵の痛みは相変わらず辛過ぎるので弱めの押圧 

Kさん「痛い痛い痛い( ;∀;)」

なかなか慣れるまでにはいきません

 

 

少しずらして土踏まずの押圧

Kさん「痛い痛い( ;∀;)」

暫く押圧し続けると

Kさん「そこは痛気持ちイイ(^^♪」

やっと慣れてきた反応でここも多い関係するのでしっかりと解していきます。 

全体的にはまだまだ耐える施術が続きます。  

 

 

今回はこれで終了 次回 足底筋膜炎 3に続きます。

 

 

足底筋膜炎 1 踵の痛み

足の痛みの症例
2021年03月20日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

交通公園の桜もぽつりぽつりと咲き始めました。

桜の開花は何故かウキウキワクワク心がおどるポンポコリン(^^♪

不思議な力がありますね。

 

足底筋膜炎 1 踵の痛み 

50代 女性 介護士 Kさん 

症状

2日前からトイレに行こうとベッドからの立ち上がりで初めの一歩が

右の踵にガラス片を踏んだような激痛が走り引きずるほどですが、

トイレにつく頃には落ち着き、強い痛みは一時的で後はそこまで酷くありません。

 

毎朝「今日は仕事無理((+_+))」と思いますが、歩き始めると落ち着き

仕事中も痛いながらも我慢できる範囲。仕事の終わりが近づくと足を

引きずるような動作になってきます。 

 

 

足底筋膜炎独特の症状で初めの数歩が辛い痛みですが、その後は落ち着きます。

酷い症状だと痛みがずっと続いてしまいます。

 

 

施術1~2回目

患部 右踵の底からやや内側にかけてに激痛。患部の確認で少し触るだけでも

Kさん「痛い痛い(@_@)」本当に激痛です。

踵や足裏の痛みの場合はふくらはぎに原因が多いのでそこからアプローチ

Kさん「痛い痛い痛い( ;∀;)」

 

ここもかなり凝り固まった状態で広い範囲で押圧するとどこも強い痛みです。

Kさん「足裏と指先全体がしびれてきますけどいいの(・・?」

踵にダイレクトではないのですが、トリガーポイント反応がでました。

悪い所に当たっている反応なので効いているという証拠なのでいいことです。

 

内くるぶしに移動し患部に近づくと

Kさん「うううっ痛いぃここも足裏にきますぅぅ」

この辺もガチガチで酷い凝り、患部の踵も同時に押圧すると

 

 

Kさん「どちらも楽になる痛くない不思議(?_?)」

ふくらはぎも同じことが起こり踵の症状に影響を及ぼしている証ですね。

踵の痛みの要因のひとつです、暫く押圧するもなかなか

慣れるまでにはいきません。

 

 

Kさんは元々右坐骨神経痛を患っていてるので気になる右臀部の押圧すると

局所的な痛みですが、踵と同時に押圧すると

Kさん「どちらも痛くない」

ここからも影響しているようです。

 

踵を単独で押圧するとまだまだ痛みが残りますが、

施術後に立ち上がりで歩いていただくと

Kさん「始めは痛いけどスタスタ歩けます、その後は痛くない(*’▽’)」

立ち上がりで1~2歩は痛いけどその後は平気、毎朝こんな感じのようです。 

 

 

今回はこれで終了 次回 足底筋膜炎 2 に続きます。

施術 2 共同作業を深める→改善の兆し

コラム
2021年03月15日

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

制限が解除されて久しぶりにプールに行きましたが、花粉症に加えて

塩素アレルギーが重なり鼻詰まりが酷くなったので花粉症が落ち着くまでは

プールはストップします。

 

 

施術2回目 共同作業を深める

初回施術後の好転反応やその後の変化をお聞きして分析し何が効いていたか、

効いていないのかを絞っていきます。トリガーポイント反応を踏まえて、

施術での患者様との共同作業を深めて悪い箇所を探す施術です。

 

最初の施術説明と1回目で何となくここの施術こんな感じという所から深く

追及することです。私は硬い固まりを探して患者様にその反応を確認することで

施術が効いているか効いていないかを判断することになります。

 

 

患者様も押圧されることで訴えている症状が再現される反応ならば効いていると

実感できるものですが押圧の痛みやトリガーポイント反応が強く耐える施術が

続きまだまだ慣れるまでにはいきません。

 

 

施術後の経過で小さな変化が少しずつ増えていくことであれは効いていたと

体感できるのです。痛いのに耐えた、頑張った甲斐があった続けていけば

改善できるかもと希望の光が見えるような感じでしょうか

 

施術3回目 改善の兆し

トリガーポイントを繰り返しアプローチしていくことでやっと辛い反応や痛みが

慣れてくることが確認できるようになります。(中、重症の場合はもっと時間が

かかることもありますが)悪い所を確認して慣らすという流れです。

 

 

施術初期は施術よりも症状の勢いの方がまだまだ強くて3歩進んで2歩下がる

一進一退。「症状が戻る→変化する」一時的な変化が1日→3日→7日と継続する

ようになりを繰り返して改善へ向かっていくことが当院のパターンです。

始めは症状の力、凝りが強く悪い方へと戻りやすいですが、これを繰り返し行う

ことで施術での変化と症状の戻ろうとする力が少しずつ逆転し施術効果の方が

上回っていき症状の改善へと向かっていくのです。

 

 

一連の流れを体感していただくには最低でも3~5回ほどの施術が必要です。

1回では施術効果は持続しません、継続することで変化が積み重ねられて

いくのです。

 

次ページへ »« 前ページへ