院長ブログ

ブログ

股関節の痛み 3 原因とは

股関節の症例 , 股関節の痛み
2018年10月29日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

勤務先が横須賀になり当院に1年半通って頂いた患者さんが

人事異動になり引っ越すことになりました。

Kさん「向こうでも整体探さなきゃ、なかなか自分に合った整体を見つけるの大変なんですよねぇ」

 

確かに私自身も坐骨神経痛で苦しんだ時に、自分に合う治療院がすぐに

見つからなかった経験があります。

Kさん「黙って行くのもあれなんで、引っ越し疲れもあり来ました」

Kさん「お世話になりました、でもまた来ますのでその時はよろしくお願いします」

私「こちらこそお世話になりました。ぜひお待ちしております。」

ありがたいお言葉を頂いて、寂しいけど嬉しい気持ちになりました、お仕事頑張ってください。

 

股関節の痛み 3 原因とは

40代 Tさん 女性 自営業

症状

前から外側にかけて股関節のつるような痛み、寝起きで辛い、ストレッチで突っ張り感

その原因とはなんでしょうか?

 

股関節の前部の痛みと突っ張り感は大腰筋と腸腰筋が大きな要因で

筋肉が固まり上手く収縮できない状態になっていました。

この筋肉は骨盤の前面安定と股関節の屈曲動作を担い、過緊張すると骨盤前傾に

緩み過ぎると骨盤後傾に歪みが発生します、

股関節の前部に付着するので股関節の遊びにも影響し関節可動域も悪くなっていました。

大腰筋、腸腰筋にトリガーポイントが発生すると足が上がらない、座りっぱなりで辛い

立ってズボンが履けない、何でもない所で足がつまずくなどがおきます。

 

 

仰向けで膝立の内転ストレッチの突っ張り感、股関節の外側の痛みは殿筋群が要因です。

大殿筋は伸展、外旋

中殿筋は外転、内外旋

小殿筋は外転、内旋 それぞれ股関節の動きを担います。

 

股関節の屈伸動作では大腰筋と大腰筋のペア(主動筋と拮抗筋)

股関節の内外旋動作では大腰筋と小中殿筋のペア

股関節の内外転動作では小中殿筋と内転筋群(ももの内側)のペア

主動筋と拮抗筋がそれぞれ正常に働き、それぞれの動作がスムーズにできますが

トリガーポイントが発生すると筋肉の収縮が上手くできずに、ストレッチの突っ張り感となります。

酷くなれば関節の歪みとなり痛みや機能障害と悪化してしまうのです。

 

殿筋群は股関節と骨盤に付着する筋肉で股関節ばかりでなく、腰痛や坐骨神経痛の要因にもなります。

Tさんの場合は慢性的な腰痛と数年前に坐骨神経痛を患っていて、それらをかばって

股関節の症状になっていたと考えられます。

 

トリガーポイントを当ててその反応をTさんに確認、症状と同じ反応が出るのか

もしくは、気になるところに痛み、シビレ感、温かくなるなどの反応が伝わる、響くなど行くのか

反応が出ることでTさんが効いてるのかいないのか、分かるのでそれを聞きながら施術

Tさんに施術の答え合わせをしている頂いているようなイメージです。

「痛いけどもっと押圧して欲しい」「ああぁそれそれ、それを押して欲しかった」

始めは痛みや反応が強いのですが、慣れる、ほぐれていくと痛気持ちいい感覚や眠くなる感覚になります。

そのようなトリガーポイントを見つけてはリリースすることで今回の症状が緩和されていきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節の痛み 2 施術

股関節の症例 , 股関節の痛み
2018年10月23日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

数年前から便座のネジが壊れてぐらついてたのですが、部品交換すれば直るレベル

どこに頼んでよいのかわからず月日だけが過ぎてきました

使用する分には問題ないのでつい後回しに

 

患者さんからトイレの修理をご主人がホームセンターで部品を購入し、取替えたという話を聞きました。

早速、ホームセンターで便座を購入。簡単に交換出来ました(^^)/

今はネットで調べれば、すぐに分かること。

知っていればなんてことはありませんでした、情報の大事さを痛感しました。

股関節の痛み 2

40代 女性 Tさん 自営業

施術3~4回目

 

知り合いのお子様のお遊戯会で床に直に座って足を伸ばして観覧、

Tさん「30分ほどで股関節の痛みともも裏の突っ張りが出ました」

座って股関節外側を押圧、屈曲でトリガーポイントに当たりやすくなっています

Tさん「あああぁそれ 奥にくるうぅぅぅぅーっ」患部の奥に響く反応

 

 

右横臥位に体勢チェンジ 左股関節を上に横向きの体勢で開脚し、股関節の外側を押打(叩いてリリース)

凝りの塊に当たり足が勝手に叩く同時に動きます、膝関節の脚気の検査のように

トントンと叩くとグイングインと足全体が動くのです。

Tさん「うううぅー これもきますぅぅ」

股関節の外側の大腿筋膜張筋、小殿筋が関節に固着してる為に柔らかければ筋肉が衝撃を吸収しますが

拘縮してるので衝撃を吸収できずに股関節に伝わり足が動いてしまうのです。

 

うつ伏せに体勢チェンジ 左の大殿筋はお尻の下と足の付け根に、中殿筋の押圧は

Tさん「ももの裏から内側に響くぅぅ、そういえば2年前に左臀部の疼痛で座れないほど痛いことがありました」

元々、左の坐骨神経痛も患っていたようで、今はお尻の痛みは自覚がないが押圧すると潜在痛に

または股関節の機能低下の原因の一つになっています。

一通りトリガーポイントのリリースし股関節の調整後、ストレッチをして可動性のチェック

仰向けで膝を伸ばしたまま股関節の屈曲、可動性は広がりましたが、もも裏に突っ張りが残ります。

突っ張るもも裏のハムストリングスをリリースしストレッチの違和感は消えました。

 

1ヶ月後に来院

Tさん「股関節の寝起きの痛み、日常生活でつるような感じは治まりました、ストレッチの突っ張り感も多少残るものの自分でケアすれば治まるレベルに落ち着きました」

施術するとトリガーポイントの反応はありますが、以前よりも軽減しています。

 

初期集中期間はこれで終了、後はメンテナンス期間に

月に一回、または2ヶ月に一回のペースで再発防止の施術に移行です。

 

股関節の痛み 3 原因とは に続きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

股関節の痛み 1 寝起きで痛い

股関節の症例 , 股関節の痛み
2018年10月20日

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

患者さんで60歳から市民センターで週1回で運動を始めました。

20年振り? の運動に始めは筋肉痛やどこか痛めたりと大変でしたが、

インストラクターや仲間に恵まれて約二年継続、体も慣れて体力もつき

今では一週間のルーティンに。運動をやらないと調子が悪い位になりました。

年齢に関係なく筋肉は発達するものなのですね。

 

股関節の痛み 1

40代 女性 Tさん 自営業

腕の痛みで当院に通って頂いて、腕の症状は痛みが落ち着き違和感に軽減しました。

元々、腰も股関節も気にはなっていたのですが、腕の症状を優先的に施術してきました。

そうなると気になるのが左股関節の痛みです。

 

症状

左股関節の前から外側にかけてがつるような感じ、寝起きも痛い

仰向けで膝立てて内転のストレッチすると突っ張り感があります。

 

施術

仰向けで鼠径部(ビキニライン付近)に関連する大腰筋、腸骨筋をアプローチ

大腰筋は腹部の奥から股関節前面ある筋肉で押圧で腰に響きます。

腸骨筋も同じ様な位置にあり股関節前面の位置を押圧、こちらはダイレクトに鼠径部に痛みが出ます。

大腰筋、腸骨筋は前ももを引き寄せる、股関節の屈曲動作や骨盤の安定に働く筋肉です。

外側の大腿筋膜張筋をアプローチ、押圧したまま股関節前面を屈曲すると局所的に強い痛み出ます。

大腿筋膜張筋は股関節の屈曲、内旋、外転動作の働く作用なので

トリガーポイントがあると屈曲動作の制限と痛みになるのです。

 

うつ伏せに体勢チェンジ

股関節外から後側をアプローチ、殿筋群もカチカチで痛みも強くありももの裏側に響きます。

大、中、小殿筋は股関節と骨盤を結ぶ筋肉で中、小殿筋は股関節の内旋と外転と屈曲

大腰筋は股関節の外旋と内転と伸展の働きをしています。

お互いに動作によって主動筋と拮抗筋となり、歩行動作や骨盤の安定を担います。

また、ストレッチの時に主動筋が収縮し拮抗筋が伸展して柔軟性がうまれますが

どちらかが硬縮し縮まり切らない、伸び切らないと突っ張り感、引っかかり感が発生します。

 

股関節周囲の筋肉にトリガーポイントが発生しています。

まずはトリガーポイントリリースを中心に施術1~2回目いたしました。

 

股関節の痛み 2 に続きます

 

 

 

 

次ページへ »« 前ページへ