坐骨神経痛 4 原因とは

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。 

健康診断に向けて体重をおとしています、血液検査で何かと引っかかることが

あるのですが減量すると次の血液検査でクリアできます。

食事制限と運動で2~3kg落としていくのですが食事制限がなかなか辛いのです

 

主治医が厳しく2度同じ項目で引っかかると薬を処方されてしまいます。

この手の薬はずっと服用し続けないといけないのでそれを回避するのが

減量のモチベーションになっています。

 

坐骨神経痛 4 原因とは 

40代 男性 会社員 Yさん 

施術9~10回 

今までの施術間隔が週1回ペースだったのですが、前回の施術で症状が

レベル20に軽減したので2週間に空けての施術にするも同じレベルを維持

できてきたので集中施術期間からメンテナンス施術に移行します。 

 

Yさんの就寝中に目が覚めるすねから足首の前の不快な痺れ感と臀部の疼痛が

発生する坐骨神経痛の原因とは何でしょうか? 

 

Yさんの原因のトリガーポイントとは 

腓骨筋 

小殿筋、中殿筋 

腸腰筋

と考えています。

 

腓骨筋

腓骨筋の押圧は一番気になる症状、すねから足首の前の痺れが再現される

ダイレクトなトリガーポイント反応がありここが元凶ですね。

すね自体も強い痛みが伴って凝り固まった状態 腓骨筋は腓骨神経と

接触しており圧迫して痺れ感を発生させます、または足首の背屈動作を担う為、

腓骨筋の機能低下は歩行動作の際に影響を及ぼすことがあります。 

 

 

小殿筋中殿筋

小殿筋、中殿筋の押圧は腓骨筋ほどの患部へのダイレクトな

トリガーポイント反応ではありませんが、すねから下の全体的な痺れ感と痛みを

再現する反応でここも腓骨筋の次に今回の症状の原因ですね。

すねから足首の前の痺れ感の次に臀部の歩行動作、通勤時の座りたくなるような

痛みも訴えていましたので殿筋自体の疼痛の原因です。

 

腸腰筋

一時的に訴えていたお風呂の椅子座ると股関節が痛くなるというのは

腸腰筋の凝りによるものです。ここは押圧すると太ももが上がらなくなり

機能低下がみられました。腸腰筋、腓骨筋に加えて太ももの筋肉も

ガチガチ凝り固まっいたために歩行動作が辛くなる、長く歩けないということが

起きたのではないでしょうか

 

 

私の施術経験だと坐骨神経痛の場合は小中殿筋が主要原因のことが多いのですが

Yさんの場合は腓骨筋だったように感じました。Yさんのように症状が

酷い場合は原因が一つということは少なくいくつもの要因が重なってしまいます。

 

足首の痺れ感→腓骨筋、殿筋群 

臀部の疼痛→殿筋群 

歩行動作が辛い→腸腰筋、殿筋群、腓骨筋 

 

これらのトリガーポイントをしっかりと除去することで症状が改善されました。

 

  

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770 ※広告掲載、営業電話は全てお断りしております<
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀