再発防止 1 症状が繰り返す理由

辛い症状が施術で良くなってもしばらくすると残念ながら症状が再発する

または治っては再発を何回も繰り返すを方がいらっしゃいます。

症状が繰り返す理由は何故なのか?

再発しない体にするにはどうすれば良いのでしょうか? 

 

症状が繰り返す理由とは 

 1痛みがとれたらゴールではない

 2症状の原因はひとつではない 

 3体の問題 環境の問題 

 

再発しない体にするにはどうすれば良いのでしょうか? 

 1思考を変える 環境を変える 

 2施術によるメンテナンス 

 3運動療法によるメンテナンス 

 4痛みのない体を維持する 

 

症状が繰り返す理由

1痛みが取れたらゴールではない

私も酷い坐骨神経痛を患って整体で治った時にこれで「完治した、解放された、

再発しない」と勝手に思い込み施術を止めてしまいました。仕事の負担が

取れたわけではないので、その後もちょこちょこと坐骨神経痛が再発し治療院に

 

通いました。残念ながら私のように再発を繰り返す方は珍しくありません。

痛みがとれたからといって施術を止めると再発してしまうのです。

 

痛みがとれたらゴールではありません、私のように症状を繰り返すことは

誰もが望んではいないはずです。痛みの改善は通過点であって痛みや不安の

ない元気な体を維持することがゴール(本当の目的)ではないでしょうか?

痛みの改善した後、痛みのない体を維持するためにメンテナンスの必要が

あるのです、症状を繰り返さないためにはここからが大切です。

辛い症状を患うと必死に通院しますが、喉元過ぎれば熱さを忘れるでは

 

ありませんが、痛みがとれれば施術を忘れてしまうのです。

痛みの改善した後のメンテナンスを怠ってしまうと

また辛い症状に逆戻りしてしまいます。

 

痛みの改善(通過点)で止まらずに痛みのない体(ゴール)を目指すことで

症状の再発防止ができるのです。

それは集中施術期間→メンテナンス期間に移行することです。

 

顕在痛と潜在痛

痛みがとれると治った気がしますが、これは顕在痛といって表面化した

痛みのことです。何となく怠い、疲労感、重い、固まり感などがある場合は

潜在痛といって隠れた凝りがまだ奥に潜んでいることがあります。

自覚症状はありませんが、施術すると症状が再現される

トリガーポイント反応がでれば潜在痛が残っていることになります。

痛みはないけど原因の凝りが残っている状態ですね。

 

いわゆる未病「未病」とは、発病には至らないものの何となく怠い重い

固まっているなど軽い症状がある状態です。この状態で疲労が溜まると

また再発しても不思議ではありません。

この辺を行ったり来たりしている方が多いようです。 

 

 

2症状の原因はひとつではない 

直接的な原因はトリガーポイントや歪みなのですが、体、環境の問題と

症状ならざる得ない理由は様々なのです。

 

体の問題 機能低下

運動不足→健康維持のため必要最低限の運動量に足りていない状態 

オーバーワーク→働き過ぎ、仕事に追われて毎日の残業、休日出勤などを

繰り返しで疲れが回復できずに慢性疲労、体調不良に陥る 

 

歪み→体の癖、ストレートネック、猫背、反り腰、O脚X脚など

年齢が若いと筋力、関節の柔軟性、自然治癒力も高く問題ありませんが

歳を重ねるごとにそれらの機能が低下し影響がでて症状となる

 

環境の問題 仕事、生活習慣

仕事、家事での同じ作業や姿勢が長時間続き、それを何年も継続している。

例えば電気、ガス、水道の検針や配達の方々は1日2~3万歩歩くとのこと、

調べると1万歩で約7kmだそうで、そうなると14~21km(-_-;) 

週5日勤務で70~105km 月22日勤務で308~462km 

 

これを何年も続けていけば足腰の症状が出ても不思議ではありません。

極端な例のようですが、デスクワークや立ち仕事の家事の方々も同じ姿勢を

維持するということは同じような体への負担が毎日蓄積しているのです。

同じ動作が続く仕事やその様な生活習慣では体の負担も大きいということです。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770 ※広告掲載、営業電話は全てお断りしております<
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀