腰痛 2 原因

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

先日、2回目のワクチン接種が終了しました。

翌日は1回目よりも腕が痛いなぁと思っていたら、昼過ぎから倦怠感に

襲われ検温したら37度5分の微熱( ;∀;) これが噂の副反応か 

1時間ほど寝てアマゾンプライム見てゴロゴロしてたら復活

夕方には元気になりました。コロナの症状が垣間見えた気がします。

 

 

腰痛 2 原因とは 

「一般的に腰痛の原因とは椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症等々

エックス線やMRI検査などで医療的な原因が特定できるのが15%

それ以外の腰痛の約85%は%は、神経症状(しびれやまひなど)や重い基礎疾患

 

などがなく、エックス線やMRIなどの画像検査をしても、どこが痛みの

原因なのか特定しきれない「非特異的腰痛」です。

いわゆる腰痛症と呼ばれるものはこれにあたります。

長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや、

運動不足で腰を支える筋力が弱っているときなどに起こります。

厳密にどの部分が傷んでいるのかを断定するのは難しいためです。」

 

ということが検索すると説明されます。

私は仕事の性格上、体の凝りと歪みにしか対応できないのもありますが

腰痛の原因としては凝りは重要な要素と考えております。

私見ですが、整形外科の多数は凝りには着目しないようです。

筋肉の疲労、凝りは機械で判断できないためなのか、触診すれば分かりそう

なんですが一般的な整形外科ではあまり重要していないように感じられます。

そこは餅屋は餅屋で病院では薬物療法、機械療法、リハビリ、オペがメインで

凝りを解すことは手技療法の領域なものと解釈しています。 

 

 

エックス線やMRIでは特定できないそれこそが凝り→トリガーポイントと

考えています。ご来院される患者様の中で

ドクター「よく検査では問題ありません」と言われるものの

患者様「痛みがあるのに何故?分かってくれないの?」ということがおきます

これはドクターが患者様の痛みを確認せずに機械の検査結果だけを見るから

このようなすれ違いが起こります。

 

当院では病院のように機械で検査するわけではありません。

その代わりとなるのが患者さんとのコミュニケーションです。

患部に当たっているか外れているか、施術が効いているかいないかを

患者様に確認することで原因が実感することができるのです。

 

目に見えない体の中のトリガーポイントを二人三脚で探すことです。

私は硬い凝りを患者様は痛みや反応でトリガーポイントを見つけ出すことに

なります。腰痛の症状が骨盤の奥に鈍痛という場合はズーンと症状と

同じトリガーポイント反応がでれば「ああぁいつもそれが辛い」

「ああぁこれだったのか」と原因に当たっていると実感することができるのです。

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770 ※広告掲載、営業電話は全てお断りしております<
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀