腰痛 4 原因とは

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

おかげさまで今月で18年目を迎えることができました。

なんとかここまでやってこられたのは皆様のおかげでございます。

これからも地域の皆様へ健康サポートさせて頂きます

よろしくお願いします。 

 

腰痛 4 原因とは 

40代 女性 パート Sさん 

Sさんの就寝中に目が覚める、早く歩けない、横になっても辛い 

靴下を履くのが大変という腰痛の原因とは何でしょう?

 

原因のトリガーポイント

腰仙関節の起立筋 腰方形筋 

殿筋群 

大腿筋群  

以上が大きな要因のトリガーポイントです 

 

腰仙関節の起立筋 腰方形筋 

ここは患部でもあり、症状が再現される腰の痛みや股間節や

臀部にも響くトリガーポイント反応が出ていました。

私の経験では腰痛の方の場合は90%はここにトリガーポイントが

発生しています。起立筋と腰方形筋は骨盤と腰椎を支える

重要な筋肉ですね。二足歩行の人間にとってはこの二つの筋肉に

非常に負担がかかるために腰痛の原因となりやすいのです。

トリガーポイントにより筋肉に痛みが出るのと筋肉に硬縮により

仙骨と腰椎の隙間(腰仙関節)を狭めてしまい脊柱管狭窄症や

椎間板ヘルニアなどの神経障害の元となりやすい所となります。 

 

殿筋群 

ここはSさんは自覚症状がありませんが、押圧するとももや

ふくらはぎに耐え難いトリガーポイント反応が出ていました、

殿筋群も腰痛の方の多くはSさんのように辛い反応がでます。

3年ほど前に尾てい骨付近に歩けないほどの症状が出ていたので

この時には殿筋群にトリガーポイントがあったと想像します。 

殿筋群は仙腸関節の動きに大きく影響します。

仙腸関節の間隔が広すぎると腰砕け、狭いとロボットの

ようにぎこちない動きで早く歩けない、前屈動作の抑制するなどの

骨盤の奥が痛いなどの症状の原因となりますね。

 

大腿筋群 

Sさんは腰痛が落ち着くと膝痛が気になるように症状に

変化が出ました。初回から膝痛は訴えていたのですが、

優先順位は腰痛が先。

 

ももの筋肉は大腿骨と骨盤に付着し筋力バランスが崩れると

股関節の歪み、骨盤の動きに大きく影響を及びします。

股関節が硬くなると骨盤の前屈後屈動作の抑制。

 

股関節の歪みは膝痛の元となるのです。 

原因が一つの場合は軽症化しやすいですが、複数となると

重症化しやすい傾向にあります。

Sさんの場合は坐骨神経痛、膝痛などが絡んだ腰痛と言えます。

 

そのために酷い腰痛になってしまいました。

しかし、原因のトリガーポイントを見つけて反応が軽減するまで

押圧することで症状が治まりました。

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀