坐骨神経痛 3 原因とは

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

最近ホームセンターやコンビニで見かけるレジでのビニールのカーテン 

スーパーマーケットでもやるようになり不自然が自然なってきてます。 

 

坐骨神経痛 3 原因とは

60代 主婦 Sさん 

施術後の経過 

Sさん「酷い時は10分歩いては5分休んでたけど昨日は1時間休まずに歩けた」

まともに歩けなかったのが普通に戻ったようです。 

Sさん「右は問題なし左の症状も100→30に軽減、これならスポーツジムなら行けそう(^^♪本当に助かりました」

痛みがあると運動どころではないですが、その余裕も出てきました

Sさん「もう痛みはないが歩くと足裏から冷えが伝わる感じ」

足裏が冷えのはふくらはぎの凝りが影響していそうです。

 

施術7回目 

今週、気になったのは臀部とふくらはぎの下側で共に左側だけ 

左臀部のアプローチ 

Sさん「足先まで響くけど辛くないしその内に慣れそう」

 

左ふくらはぎのアプローチ 

Sさん「親指にきます」

押圧したまま足首を動かしてもらうと

Sさん「押している所がより痛い」

これが足裏の冷えと関係してそうです。

 

左側全体的に施術でも反応はまだありますが、慣れるのも早くなり

問題のないレベルに落ち着きました

Sさんが一番辛いと訴えていた右側の症状は完治し気になりません。

Sさん「後は時間が解決してくれそう」

ということで集中施術期間はこれで終了 今後はメンテナンスに移行 

 

Sさんの坐骨神経痛の原因とは 

右臀部、裏もも、ふくらはぎ、アキレス腱の痛みと痺れで

500m歩いては5分休んでいた辛い症状の原因は 

 

殿筋群、脊柱起立筋群、足のトリガーポイントが大きな要因です。 

 

殿筋群のトリガーポイント 

坐骨神経痛の方の多くは殿筋群を押圧すると症状が再現される

トリガーポイント反応が出ます。

Sさんの場合はもも裏、アキレス腱、足先が痺れる反応です。

また、殿筋群の硬直は骨盤の歪みを誘発しSさんの場合は反ると

痛くなるのは仙腸関節の動きが悪いことで発生したと考えています。

 

脊柱起立筋群のトリガーポイント 

腰仙関節に多く発生しSさんの場合もここから足底の痺れ、臀部の痛み、

症状の改善が進むと肩甲骨の下辺りの起立筋も足まで響く

トリガーポイント反応が出ました。腰仙関節付近の起立筋は

 

椎骨間の詰まりを上部の背筋は体の湾曲を誘発します。

ここも反ると痛くなる原因と考えています。

 

足のトリガーポイント 

裏もものハムストリングスはアキレス腱やふくらはぎの痛みと

痺れるトリガーポイント反応 ふくらはぎの腓腹筋、

 

ヒラメ筋は直接の患部でした。これら筋肉の硬直も膝関節、

足関節の動きを悪くして歩行動作を妨げてしまいます。

 

症状の再現するトリガーポイント反応=症状の原因と考えています。

トリガーポイント反応が落ち着くまで繰り返し硬直した筋肉を

ほぐすことで症状は治まり関節の動きも改善しました。 

 

Sさんの場合は症状が酷い割には比較的早い改善で、発生し一週間で

来院されたのが功を奏したのでしょう。早めの対処は大事ですね。 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀