坐骨神経痛 6 原因とは

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

公共プールは休館中スポーツジムも休会中、週3~4回の運動習慣も

今ほぼ0 腰痛も発生し背中がウジウジ肩凝りも感じてきました

ジムやプールのありがたさを痛感します。

 

坐骨神経痛 6 原因とは 

70代 男性 臨時職員 Tさん

施術後の経過 

Tさん「4日間は施術したところが酷く痛かったが痛みの種類が違い揉み返しみたいな感じでそれが治まったらカクンもなく歩けた」 

前回やや強く押圧したのが好転反応としてでたようです、

 

好転反応が出たということは深部にまだトリガーポイントが

あったようです。だいぶ症状が軽減されたので酷い症状の時が

レベル100だと今の症状はどれくらいでしょうか?

 

Tさん「10~20(^^♪始めの頃は痛くて歩けなかったのが今は痛みも痺れもなく歩けるから」 

施術12~13回目 

11回目からは日にちの間隔を広げて14日ごとの施術 

症状が落ち着いてきたので始めは4日→7日→14日と

徐々に空けてきました。

 

トリガーポイントの押圧も反応も弱いしすぐに慣れるし

始めの頃の激痛が噓のようです。

Tさん「先生には悪いけどこんなに治ると思わなかった始めの頃は痛みが少しでも軽減すればいい位の気持ちだった」

症状が酷すぎると完治しないと勝手に自分で思い込んでしまいます、

私も体験したので気持ちは分かります。

 

腸腰筋、腓骨筋、内転筋の筋力チェックも力が入るようになったものの

中殿筋はまだ弱めです。

Tさん「力が抜けるカクンもないしスネが疲れやすい位なので後は自力で治りそう(^^♪」

集中施術期間はこれで終了、後はメンテナンス期間に移行です。

 

坐骨神経痛の原因とは 

Tさんの場合 すねの痛みと痺れの一番大きな原因は深層外旋筋群 

梨状筋 内外閉鎖筋 上下双子筋 大腿方形筋の押圧ですねへの

トリガーポイント反応が強く出ていました、

 

医学書とは違う反応なのですが私の施術体験では深層外旋筋群は

すね、くるぶし、足先まで反応することは珍しくありません。

 

長く歩けないのは腸腰筋、殿筋群、大腿筋群、腓骨筋の機能低下(弱化)

凝りが酷すぎて本来の力が発揮できない状態 

特に中殿筋は揺れて歩く(跛行)の大きな要因ですね。

石のように凝り固まってしまった筋肉をほぐすことで症状が治まるのです。

トリガーポイントは慣れないととても痛く辛いのですが

これをほぐさなければならないのです。的確に当てて力加減を

調整することで石のような凝りが解れていくのです。

 

眠れない、日常生活や仕事に影響を及ぼすような酷い坐骨神経痛の方 

一度お試しくださいお待ちしております。

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀