なかなか良くならない坐骨神経痛 1

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

先日の横須賀名物の相模屋さんの焼き鳥を初めて食べました 

立ち食いで串の数でお会計 昭和を感じるシステム 

甘いたれも癖になりそうです 

 

なかなか良くならない坐骨神経痛 1 

私も体験しました、お尻の奥が痛くて5分もじっと立っていられない

ももやふくらはぎの痛みと痺れが辛い 地獄の奥からくるような

痛みと痺れがとにかく耐え難い症状でした

整形外科、接骨院、カイロプラクティックと色々と試しましたが

どれも効果がなくこのままずっと続いてしまうのかと

絶望的になりました。

 

私は健友館整体に行き、あれほど酷かった症状が改善、

あまりの喜びと人の役に立つ整体師は素晴らしいと感化、

それから18年続けた調理師から整体師に転職しました。

 

痛みの原因はトリガーポイント

病院の診断だと坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、

脊柱すべり症と「神経が圧迫されるのが痛みの元」と説明されます。

当院では飛び出したヘルニアを直接、凹ませることはできません。

 

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、狭窄症のようにそうならざる得ない

状態になってしまている原因がトリガーポイントと考えています。

病院ではレントゲンで骨にはフォーカスしますが、触診して痛みを

 

確認するのは少ないため、本人の苦痛を理解せずにこれぐらいなら

問題ないので薬や湿布で終了ということも珍しくありません。

当院ではトリガーポイントと歪みにフォーカスし施術していきます。

 

トリガーポイントとは

普通の凝りだと当たっても気持ちいい(^^♪ぐらいですが、

トリガーポイントの場合は関連痛といって当たるとそこ自体に

押されている以上の感覚や他に拡散する感覚があります。

 

トリガーとは引き金という意味で痛みの引き金になる点という

ことからトリガーポイントと名付けられました。

 

坐骨神経痛のトリガーポイントと歪みとは 

私の施術経験上 坐骨神経痛の場合は腰仙関節の詰まりと起立筋の凝り、

仙腸関節、股関節の歪みと臀部の凝り 裏ももやふくらはぎの

凝りが多く、そこに多数のトリガーポイントが発生しています。

筋肉は縮むことは自身でできますが、伸びることはペアの筋肉に

引っ張られて自在に動くことができます。トリガーポイントは

縮みきって伸びないで凝り固まっている状態です。

 

酷使したり同じ姿勢が続く、またはペアの筋肉が機能しないため

負担が増えてトリガーポイントになってしまう場合もあります。

筋肉は関節に付着しているので縮こまってしまうと

 

関節も引っ張ってしまい関節の詰まり、歪みが発生しそれにより

神経も圧迫されると私は考えています。

 

私が坐骨神経痛を患った時、立ち仕事で毎日12時間拘束

ずっと立っているといつの間にか左重心にしていることが多く

左坐骨神経痛になってしまいました。

前屈もひざまでしか曲がらず体が硬くなったのも覚えています。

 

次回 なかなか良くならない坐骨神経痛 2 に続きます

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀