腰痛 2 原因とは

ここんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です 

クリスマスイヴだっのでちょっと贅沢にスパークリングワインを飲みました。

なんか幸せな気分になります。プチ幸せが癖になりそうです!(^^)!

 

腰痛 2 原因とは

施術後の経過 

Tさん「腰は曲がるようになりましたが右ひざの外側に痛みと右腰が気になるのと長く歩くと疲れます」

前屈していますが、ひざも曲がってしまうので

もも裏のハムストリングスも硬直していると想像できます。

 

施術3~4回目 

ひざ痛の場合はももにトリガーポイント反応がひざに

反応することが多いのでそこから仰向けでアプローチ 

前ももの外側も叩いてリリースするとガクガクと足が動きます。

慣れるまでリリース 内側をアプローチすると

Tさん「ひざにきますぅぅ」

症状が再現されるトリガーポイント反応がでるので

これが原因の凝りのようです。 

 

腹部側から腰痛のポイントのひとつ大腰筋をアプローチ

Tさん「足の付け根にきますぅぅ」

関連痛のでた腸骨筋を叩いてリリースすると

Tさん「足がガクガク動き響きます」 

かなりの反応がでます。 

 

右上の横向き体勢チェンジ 前回反応の大きい中殿筋をアプローチ 

Tさん「うううぅーふくらはぎにきます、そこは歩き始めに痛くなる所です」

これも気になる症状が再現 かなりきつそうなので弱めに押圧

 

Tさん「痛いけど押して欲しい」ツボにヒット  

リリースするもなかなかの反応で3回に分けてやっと慣れる感じ

右方足立ちチェックすると不安定で中殿筋の筋力弱化がみられます。 

うつ伏せに体勢チェンジし 

一番訴えている症状の腰仙関節の多裂筋をアプローチ 

Tさん「外ももからお尻にかけて響きます、これがとれれば楽な感じ」

 

ここが今回の腰痛の一番の元凶です。

ここも日に日に反応が弱まってだいぶ慣れてきました 

腰椎の調整をして前屈もややひざは曲がりますができるようになりました

ここまでは休職中なので4日間連続の施術 

Tさん「腰の危険な痛みは落ち着いてきました、これなら仕事ができそうです」

とりあえずこれで今回の集中期間はこれで終了 

 

腰痛の原因とは  Tさんの場合 

腰仙関節の多裂筋のトリガーポイントが前屈制限や痛みの大元ですが 

殿筋群のトリガーポイントや筋力弱化(本来の力を発揮できない状態) 

これをかばうようにももの前後や腸骨筋にもトリガーポイントが発生 

これらの要因が混沌として腰痛になったのです。

 

Tさんは元々ヘルニアの症状があり数年は落ち着いて

たまにシビレ感、足の怠さが出る程度で治まっていましたが、

疲れが溜まって今回の酷い腰痛になったのでしょう。

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770 ※広告掲載、営業電話は全てお断りしております<
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀