坐骨神経痛 4 原因とは

こんにちは健優館横須賀整体術の橋爪です。

患者様との会話 バレンタインにご主人にアウターをプレゼント 

男性は年齢とともにオシャレに気を使わなくなりがち 

患者様「オシャレでなくとも清潔感を保って欲しい」

確かに年齢とともに清潔感は少なくなりがち 

私も意識しないといけませんね 

 

坐骨神経痛 4 原因とは 

40代 女性 Kさん 会社員 

施術8回目 施術後の経過 

Kさん「お尻やももの痛みしびれはほとんど気にならないレベル、仕事終わりにすねと足の甲と裏がピリピリチリチリします」

 

帰宅しお風呂に入れば朝には消えるのですが少し気になります。

寝てても痛みで目が覚める 通勤でまともに歩けずタクシーを使う 

「痛い痛い」が口癖になる 日常生活にも影響があった 

 

今ではこのような辛い症状はなくなりました。

Kさんに症状のレベルを聞くとは100→20とかなりの改善です。

坐骨神経痛で辛い症状を患った経験があると私もそうでしたが、

二度と味わいたくないのでり少し残る症状が気になるのです。

 

坐骨神経痛の原因とは 

Kさんの場合 Kさん曰くこの1年は左ひざが真っすぐに伸びないし

正座もできない状態で徐々に痛み出てきてたとのこと 

それをかばって仕事をしてたら右の坐骨神経痛を患ったと考えられます。 

 

簡単に分けると

腰、臀部のトリガーポイントと骨盤周辺の歪み 

足のトリガーポイントと足首の歪み

と私は考えます。

 

腰、臀部のトリガーポイントと骨盤周辺の歪み

Kさんの施術経過を見ると施術初期は腰仙関節(背骨と骨盤の境目)や

臀部のトリガーポイント反応が足全体に痛みとしびれ強く出ていました。

これは足の神経を司る大元が障害を受けている為です

例えるなら幹線道路で信号機が消えてしまうと車の流れがコントロール

できずに混乱し大渋滞や事故を起こすように体の中で同じように大元の神経が

正常に機能せずに血流が滞ってしまい、色々な症状が起きてしまいます。

 

この神経障害を起こすのが腰臀部トリガーポイントと骨盤周辺の歪み 

腰臀部のアプローチ、始めは膿を出し切るように

トリガーポイント反応が消えるまでリリースし続けます。

 

施術初期は耐え難いほどの反応でしたが、気にならなくなるまでになりました。

元々、体が柔軟で前屈で両手の平が床に着くのですが、

症状が酷い時は床からマイナス20cm、

凝りだけでなく腰仙関節や仙腸関節までも動きが制限されていました。

この歪みを取り除くことで元のように両手がベッタリ着床し

柔軟性を取り戻すことができました。

 

もう一つの原因 足のトリガーポイントと足首の歪み 

腰臀部の反応が弱くなりすねとふくらはぎを押圧すると足の甲と裏に

ピリピリする反応がが残り、これは膝から下の司る腓骨神経障害と考えられます。

足首の歪み 左足首は何ともありませんが、右足首の前部を押圧すると

過敏な痛み、腫れ物や打ち身を刺激されるような感じとしびれ感も発生します。

これは足首関節にある距骨に歪みが発生し足首の動きが制限されて

それをかばう前腓骨筋が無理して働き疲れやすくなり

終業間際の疼痛になると考えられます。このように骨と筋肉は連動して

人間は動くことができるのでどちらかに問題がでると影響となり

症状へとなってしまうのです。

 

坐骨神経痛が治まってきたので元凶の左膝との併用しながらの

施術ですねの症状も治まりました。

 

Kさん「眠れない、まともに歩けない、仕事もまともにできない時はどうなることかと思いましたが本当に助かりました」

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀