当院の施術方法 トリガーポイント療法

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

昨日は6月とは思えないほどの寒さでビックリ(@_@)

体調を崩しやすいので皆様、ご注意ください

 

症状の原因とは

当院で考えている症状の原因とは体の歪みと筋肉の凝りです

例えば坐骨神経痛では足が冷えたり、重くなる等の初期症状が出ます。

もっと酷くなると痺れや強い痛みが出て歩くのが辛い、足を引きずる

就寝中に疼痛で目が覚めるということになる方もいます。

 

ここまでくると神経障害や機能障害と重症化していることになります。

これは筋肉の凝りと体の歪みによって血流が滞る為に腰、臀部、足が栄養不足や酸素不足が発生

その状態で仕事や日常生活を続けているとより負担が多くなるのです

 

エンジンで言えばガソリンとオイルが足らない状態で走り続けているようなものですね

そのまま無理するとガス欠やエンジンが焼きついたり、壊れて止まってしまいます

同じ様に体も痛みやシビレで足を引きずる、目が覚めるという症状が発症

体から「もうこれ以上は無理」というサインが出ます、それが神経障害や機能障害なのです

 

当院の施術方法 トリガーポイント療法

トリガーポイントとは簡単に言えば症状の原因の凝りのことで、触ると過敏な痛みや熱くなる、

ズーンと響く、重だるくなるなどの反応がでます、表現は人それぞれですが何かが伝わる感覚があります

ただ押圧された感覚と違い何か悪い物に当たる「あぁぁそれそれ」という感じがあります

 

 

頭痛を訴える方なら首肩のトリガーポイントに当たれば頭痛が再現されるのです

坐骨神経痛で臀部の痛みや痺れの方なら臀部のトリガーポイントに当たれば

臀部の奥にズーンと響く、足がだるくなる、痺れが出て症状が再現します

この様なトリガーポイントは症状の酷い方ほど多くありしかも根深い所に発生し反応も強く出ます

逆に症状の弱い方はトリガーポイントは少ないし浅い所にあり反応も弱い傾向にあります

症状のない方はトリガーポイントもなく反応もありません

 

また凝りが酷すぎる(筋肉の過緊張で)感覚が麻痺している状態

感覚が鈍くなり反応が出ない方もいます、また感覚的な反応だけではなく

ジャンプ反応といって動的な反応もあります、当院の施術例だとお尻のトリガーポイントに当たり

 

 

ももやふくらはぎがピクピク痙攣するような動き、膝関節が屈曲伸展を繰り返すような動き

ビクンと瞬間的な動き、引っ張られるように力が入りっぱなしと様々な反応がありました

ただ、ジャンプ反応は今まで経験では5%ほどでかなりの少数派です

 

極端に言えば症状を再現しているトリガーポイントを見つけたら、その反応が無くなるまで押圧します

但し一回で取りきるには体にも負担が多いのと簡単には取りきれるものではありません

繰り返し施術することでトリガーポイントをリリース症状を改善していきます

 

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀