腰痛トレーニング 8 骨盤後傾タイプの流れ

こんにちは健優館横須賀整体院の橋爪です。

極寒の中で熱い戦いで盛り上がった平壌オリンピックも今日で閉会

一生懸命に競技に取り組む姿勢は美しく、磨かれた技の素晴らしさに感動を覚えます

選手の皆さんお疲れ様でした、そしてありがとうございます。

 

腰痛トレーニング 8  骨盤後傾タイプの流れ

 

ストレッチ(硬直部へのアプローチ)

骨盤後傾タイプは腰椎も同様に後傾しているので

原因の筋肉のハムストリングス、

カーフ(ふくらはぎ)、大殿筋、

大腿後面の筋肉をストレッチします。

 

ハムストリングス、カーフ(ふくらはぎ)のストレッチ

骨盤前傾をキープしながら前傾します。骨盤が前に傾くことで腰への負担が

減り良い状態でトレーニングできるので腰への違和感も減りますよ、背中は絶対に

真っ直ぐをキープして踵で床を押し付けるようにしていきましょう

 

 

大殿筋、大腿後面の筋肉のストレッチ

骨盤前傾をキープしながら前傾します。

背中は絶対真っ直ぐにキープし胸を

張ったまま体を前に倒しましょう。

 

 

エクササイズ(弱化部へのアプローチ)

骨盤の前傾をしっかり自分の筋肉で

コントロールできるようにしていく

骨盤の動きと腸腰筋をしっかり収縮させる、

股関節を挟み込むようにします

 

 

トレーニング(体感固定アプローチ)

バランスの良い状態をキープすることが

必要になる、トレーニングの時にしっかりと

体幹が安定できるようにする

背中が丸まりやすいので注意する、

息を吐きながらしっかりとお腹を

凹ませていく骨盤は動かない

 

 

筋肉強化トレーニング

スクワット

骨盤の前傾がつくれてるかどうか?骨盤の前傾がキープできる範囲の深さでしゃがみでいく。

この時、腸腰筋と脊柱起立筋、腹部をしっかり意識させていく

体幹をしっかり固定したままお尻を後ろに引いて下がっていきましょう。

お尻を引いた分、上体を前に倒しながら下りていきます、背中が丸まらないように頑張りましょう

 

チェストプレス

脊柱全体のアーチをしっかりと

キープさせることが必要。

しかし腰を反らすだけでなく、

臀部と背部を収縮させアーチをつくる

腹圧は高めておく

 

お尻の力を抜かないように骨盤をキープしたまま胸を張るように肩甲骨を背骨に寄せるのがポイントです。

 

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町3-14-14
予約予約優先制とさせていただいております。 当日に空きがある場合もありますので、遠慮なくご相談ください。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話046-833-1770
駐車場近くに提携コインパーキングあり
立地北久里浜駅徒歩5分、当日予約もOK!
健友館横須賀 健友館横須賀